拡大する写真・図版ジャクソン容疑者が逮捕され、謝罪するロッテの松本尚樹球団本部長

[PR]

 大麻を所持していたとして広島県警に大麻取締法違反(所持)容疑で10日に逮捕されたプロ野球ロッテ前投手のジェイ・ジャクソン容疑者(32)について、松本尚樹・球団本部長(49)が同日午後、本拠のゾゾマリンスタジアム(千葉市)で記者会見し、「外国人選手を獲得する際はある程度の調査をしているつもりだったが、こういう結果になったということは、球団としても私としても甘さがあった。野球界、野球ファンの皆様に多大なるご迷惑をおかけして申し訳ありません」と謝罪した。

 ジャクソン容疑者は逮捕3日前の7日、西武戦に中継ぎ投手として登板。8日に「体調不良」を理由に1軍登録を抹消された。

 松本球団本部長によると、7日の試合後、ジャクソン容疑者から「自宅に戻ったら警察が来ていた」と連絡があり、松本球団本部長と通訳も立ち会ったという。翌8日に本人から退団の申し出があったため、球団は「ことの重要性を理解した」(松本球団本部長)として契約を解除した。ジャクソン容疑者はその際、「チームに迷惑をかけて申し訳ない」と反省していたという。松本球団本部長は「なぜ広島に行ったかは全然知らなかった」と話した。

 松本球団本部長は9日夜、詳細を明らかにしなかったが、この日は「(9日の時点では)まだ捜査があると思った」と釈明した。

 ロッテは今年2月の春季キャンプ中、全選手を対象に薬物乱用防止を含む講習会を開き、外国人選手も通訳が同席する形で受講したという。今後は外国人選手だけを対象とした講習会も開くことを明かした。

 在籍した選手がシーズン中に逮捕される異例の事態を受け、球団は10日からすべての選手や井口監督、コーチ、スタッフの尿検査を行うという。

 ジャクソン容疑者は2016年~18年に広島でプレーし、セ・リーグ3連覇に貢献した。大リーグ・ブルワーズを経て、今季からロッテに入団。6月の開幕時から中継ぎ投手として計7試合で3ホールド、1セーブ、防御率3・86の成績を収めていた。(室田賢)