[PR]

 大学運動部の「新勧(新入生勧誘)」に、新型コロナウイルスの影響が及んでいる。キャンパスに入ることすら制限され、部の活動自体もままならない。例年のように新入生と触れあえないためだ。

 そんな中、先月27日にオンラインで開かれた「全国大学スポーツ学生の集い」。各大学の運動部の学生が情報交換をする場で、東北大男子ラクロス部が自在な「オンライン新勧」活動を紹介した。

 同部は毎年40人前後が入部するが、ほぼ全員が未経験者だ。これまでは練習を見て、競技の魅力を感じてもらうことで新入部員獲得につなげていた。そのため「今年はかなりの危機感があった」と新勧担当の3年生、荒木佑之輔さん(20)は別の手を打った。

 部員で手分けし、ツイッターなどSNSで新入生を探し出してフォローし、部の存在やラクロスの楽しさを知ってもらえるように、練習の様子や試合での好プレー集の動画を作ってアップ。部活動だけでなく、キャンパス紹介や授業の履修の仕方といった「お役立ち情報」も出した。

 関心を示した新入生を対象に、…

この記事は会員記事会員記事です。無料会員になると月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

この記事は会員記事会員記事です。

980円で月300本まで2種類有料会員記事会員記事の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら