「感じよく」なったフェミニスト 大衆化で嫌悪も増殖

有料会員記事

高重治香
[PR]

 性暴力を告発する#MeToo運動など、女性差別からの解放や多様な生き方の尊重を目指す「フェミニズム」の存在感が増している。一部の研究者や運動家にとっての思想というイメージは様変わりし、SNSやポピュラー文化の中で、フェミニズム的なメッセージが肯定的に取り上げられることが増えてきた。幅広い層に浸透しつつあるフェミニズムの現在地を三つのキーワードから探った。

ポピュラーフェミニズム 若い世代、身近に

◆ポピュラーフェミニズム

 大勢が目にするメディアや文…

この記事は有料会員記事です。残り1795文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら