【九州豪雨】九州地方の観測地点で記録した降水量の累計 九州地方の観測地点で記録した降水量の累計=7月4日午前0時から7日午後23時、気象庁の観測データから
[PR]

 豪雨により熊本県南部を中心に甚大な被害が発生して11日で1週間。九州で激しい雨が降り続き、死者は熊本、福岡、大分の3県で計63人に上る。住宅の浸水被害は1万棟を超え、10日午後時点で約3600人が避難生活を送る。行方不明者の捜索が続いているが、被害の全容はまだ分かっていない。

 10日に長崎県対馬市で1時間に62・5ミリ、福岡県大牟田市で56・0ミリなど「滝のように降る」とされる量の雨が降った。長崎県警によると、対馬市で10日午前10時ごろ、50代男性が田んぼの様子を見に行って行方不明になった。総務省消防庁のまとめでは、10日午後2時の時点で熊本、大分両県の約23万1千人に避難指示が出された。

 九州の死者の内訳は、熊本県60人、福岡県2人、大分県1人。行方不明者は長崎県の1人のほか、熊本県9人、大分県5人、鹿児島県1人。熊本県球磨(くま)村では、特別養護老人ホーム「千寿(せんじゅ)園」が水没して入所者14人が死亡した。熊本県で氏名が公表された死者の平均年齢は78歳で、高齢者の避難の難しさが改めて課題となった。

 熊本、福岡、大分の3県は住宅…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

【10/13まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら