[PR]

 宮崎県高校野球大会2020(県高校野球連盟主催、県教育委員会共催、朝日新聞社など後援)は11日に開幕する。会場となるひなたサンマリンスタジアム宮崎やアイビースタジアムでは10日、県高野連関係者たちが開会に向けてさまざまな準備を進めた。

 サンマリンスタジアムでは、球場係員が外野フェンスからホームに向けて真新しいラインを引いたり、高野連の担当者が開会行事に向けてスピーチ台を丁寧に拭いたりしていた。

 大会初日は、高城―宮崎学園、宮崎工―宮崎商など計6試合が予定されている。

 ただ、宮崎地方気象台の天気予報では、11日の県内は梅雨前線や湿った空気の影響を受け、雨や曇りで雷を伴い激しく降る所がある見込みという。

 新型コロナウイルス感染拡大防止のため、試合は原則無観客。一般の人は入場できない。1、2回戦と準決勝、決勝は高校野球情報サイト「バーチャル高校野球」(https://vk.sportsbull.jp/koshien/別ウインドウで開きます)で生配信される予定。(菊地洋行)