福島)郡山の40代会社員男性が感染 県内22日ぶり

新型コロナウイルス

見崎浩一
[PR]

 郡山市は10日、市内に住む40代の会社員の男性が新型コロナウイルスに感染したと発表した。県内で感染が確認されたのは先月18日以来22日ぶりで、計83人となった。

 同市によると、男性は6月28日、東京都内から来た1人を含む同僚3人と、郡山市内の飲食店で会食した。翌29日は県内の研修施設で会議があり、東京からの同僚と車で移動。その際、同僚は発熱の症状があったという。

 東京からの同僚は今月8日、コロナに感染していたことが東京で判明。翌9日、勤務先から市保健所に会食メンバーが濃厚接触者だと連絡があり、PCR検査をした結果、男性の陽性と同僚2人の陰性が判明したという。男性には症状がなく、市内の医療機関に入院した。

 市保健所では市内の支店に勤める同僚6人を濃厚接触者と認定し、11日までに全員にPCR検査を実施するという。

 感染した郡山市の男性について、東京の害虫駆除会社「アサンテ」は、同社東北・福島支店(同市)の従業員だと明らかにした。男性は内勤で、外部の人と接する業務はしていないという。(見崎浩一)

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]