[PR]

 市場に出回ることが少なく「幻のナス」と呼ばれる、大阪府摂津市特産の鳥飼(とりかい)なすが同市鳥飼八防2丁目の畑でたわわに実り、収穫期を迎えている。

 市によると、鳥飼なすは直径十数センチの丸ナスで独特の甘みがあり、実がしっかりしていることから田楽や煮物に向いている。

 最盛期の大正時代から昭和初期ごろまでは市内で60軒ほどが栽培していた。だが他のナスに比べて栽培に多くの水が必要で、連作ができないといった難点があり、栽培農家は激減した。昭和40年代以降は1軒だけだったという。

 市は鳥飼なすを絶やさないため…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら