[PR]

 濃霧の中、徐々に姿を現したのは「大明神」としてまつられている巨大ガマ像――。

 6月下旬、筑波山(茨城県)ロープウェイの出発駅近くにあるテーマパーク「ガマランド」に着いた記者(24)は、その独特の空気に、一瞬たじろいだ。

 恐る恐る足を踏み入れると、およそ半世紀にわたり運営に携わってきた桜井雅子さん(72)が迎えてくれた。お客さんがいない……。来場者の状況を尋ねると「税務署が来るほどは来ないね。ねえ、おせんべい食べる?」。この返答、巨大ガマに負けず劣らずのセンスが光る。

 ランドの前身は、桜井さんの義…

この記事は有料会員記事です。残り848文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り848文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り848文字有料会員になると続きをお読みいただけます。