「おーい」と呼ぶも返事なく 50年連れ添った妻の最期

有料記事九州豪雨

宮野拓也 屋代良樹、田中紳顕 増山祐史 神野勇人
[PR]

 熊本県南部の球磨(くま)川流域を中心とした九州の記録的な豪雨災害は、63人の命を奪った。豪雨に見舞われた日から11日で1週間。突然の別れに、遺族らは悲しみに暮れている。

発見時、近くに位牌

 増水した球磨川にのまれた山本レイ子さん(78)=芦北町箙瀬(えびらせ)は、5月に長男の功さん(当時48)を亡くしたばかりだった。

 4日午前5時ごろ、レイ子さんは、増水した川に驚いた夫の守さん(75)と外に出た。守さんは近所に様子を見に行き、レイ子さんはいったん家に戻った。

 みるみるうちに水位は上昇し、腰の高さに。守さんは雨どいから家の屋根に上った。「おーい」と呼んだが、雨音と川音にかき消され、返事はなかった。

 守さんはボートで高台に助け…

この記事は有料記事です。残り1683文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。