[PR]

 野球ファンが集う、東京・立川のレストラン「ベースボール」に、ソフトバンクの松田宣浩選手から贈られた日本代表「侍ジャパン」のユニホームが飾られている。松田選手は同店でアルバイトした経験があり、関東で試合がある際によく店を訪れていた。コロナ禍で苦しい中、店主は松田選手からの贈り物を支えに店を切り盛りしている。

 3日夜、ベースボールの店内のテレビで、ソフトバンク対日本ハムのナイター中継が映し出されていた。打席に松田選手が登場。店主の江口信男さん(72)が手をたたきながら声援を送っていた。内野ゴロで凡退したが、江口さんの「ドンマイ!」という声が店内に響いた。

 同店は江口さんが1975年に創業した。近隣には亜細亜大や中央大の野球部の寮があり、次第に野球部員が食事に来るようになった。「お金に余裕がないだろうから」と学生からは代金をもらわず、その代わりに引退後にアルバイトで店を手伝うのが慣例になった。その中には、中日の与田剛監督や、巨人などで活躍した入来祐作さんらがいた。彼らはプロ入り後も度々店に足を運び、野球ファンの間でも有名な店になっていった。

 松田選手もその一人。亜細亜大の野球部員だった2002年ごろからよく店を訪れ、野球部を引退した4年生の秋からソフトバンクに入団するまでの数カ月間は、ちょうネクタイを付けて飲み物や食事を運んだ。

 江口さんは松田選手を「ノブ」…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら