情報化社会と切り結ぶ 「実験的ソウル」掲げるWONK

有料記事

定塚遼
[PR]

 インターネットで検索履歴から自分が好きな情報ばかりが表示され、SNSでは自分と似た考えの意見ばかりが飛び込むことで、偏った物の見方が形成、強化されてしまう、いわゆる「フィルター・バブル」や「エコー・チェンバー」と呼ばれる現象。4人組バンド・WONKが作り上げたのは、そうした情報の偏りに警鐘を鳴らす全英語詞のコンセプトアルバムだ。

 2013年に東京芸大慶応大の学生らで結成された。「エクスペリメンタル・ソウル」を掲げ、現代アートにも通じる実験的な要素も取り込んだ独自の音作りを模索する。安易なカテゴライズを拒否するかのように、ソウルやジャズ、ロックなどを境界なく捉え、壁のない音楽の世界を自由に闊歩(かっぽ)する。パリやベルリンでも公演を成功させ、昨夏、英国のレーベルとも契約した。

 6月17日に配信開始したアルバム「EYES」について、リーダーでドラムの荒田洸は「巨大なプロモーションの力で形成されるいまの日本の音楽業界へのアンチテーゼとして、純粋に音楽の中でもっと色んなことを表現できて、様々な角度から問題提起できることを示すアルバムを作りたかった」と話す。

 フィルター・バブルは、SN…

この記事は有料記事です。残り943文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!