拡大する写真・図版名古屋の繁華街・錦三=2020年7月1日夜、名古屋市中区錦3丁目、山本正樹撮影

[PR]

 新型コロナウイルス対策で、愛知県が接待を伴う飲食店などに出した休業要請が解除されて1カ月が過ぎた。東海地方最大の繁華街として知られる「錦三(きんさん)」地区(名古屋市中区錦3丁目)に、にぎわいは戻ったのか。記者が歩いた。

 雑居ビルの1室で1日夜、マジックバー「ハリウッド」が予定より3カ月遅れてオープンした。

 目玉のショーで、女性が入った箱に鉄板を差し込んだり、手元から次々と鳥を出現させたりする手品に歓声が上がる。客席を回るマジシャンは、おどけたしぐさで客の手に消毒液をかけていた。

拡大する写真・図版3カ月遅れて開店したマジックバー。テーブルマジックを披露する際に、マジシャン(右)と来客が手に消毒用スプレーをかけてこすっていた=2020年7月1日夜、名古屋市中区錦3丁目、山本正樹撮影

 「コロナも、マジックで消せてしまえばいいんですけどね」と話すのは、代表のHARRY(ハリー)さん(30)。米ロサンゼルスや東京で修業してきた。

 「僕らの仕事はエンターテインメント。感染の恐怖の中では楽しめない」と、この3カ月はマジックの練習と開店準備に徹していたという。

 店内でマスクはしない。「マジ…

この記事は会員記事会員記事です。無料会員になると月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

この記事は会員記事会員記事です。

【8/7まで】シンプルコース(月額980円)が今ならキャンペーン中!詳しくはこちら