[PR]

 通勤ラッシュ時で混み合う駅で先月以降、若い女性を狙って体当たりを繰り返したとして、警視庁は、東京都大田区の派遣社員の男(45)を暴行容疑で逮捕し、10日発表した。

 わいせつ目的だったといい、調べに対し、男は「以前、電車から降りるときにたまたま腕が当たった女性の胸の感触が忘れられず、被害を訴えられないようにやる方法を考えて思いついた」と供述。同様の手口で「ほかに十数回やった」と話す一方で、「社会人として恥ずかしいと思い、5月からはやっていない」と述べ、逮捕容疑は否認しているという。

 蒲田署によると、逮捕容疑は6月12日~7月8日の朝に6回、東京都大田区の東急蒲田駅の駅ビルの通路で、19歳の女性ら計6人の女性に体当たりし、ひじや腕を胸に押し当てたというもの。6月上旬、同駅で女性に体当たりを繰り返している男がいる、との情報が利用客から寄せられたという。