[PR]

 プロ野球セ・リーグで11日、中日が4―19で広島に大敗した。不名誉な記録をつくってしまった。

 ファンをナゴヤドームに迎えた今季初の土曜日。前夜はビシエドのサヨナラ本塁打で歓声が沸き上がった中日の本拠地は、落胆のため息に包まれた。

 今季初登板の先発勝野は、序盤から制球難に苦しんだ。一回、先頭のピレラに初球の甘い直球を左翼スタンドへ打ち込まれ、三回は鈴木誠から5連打を浴びた。三回途中6失点で降板し、「甘く入った球を逃さず打たれた」。

拡大する写真・図版中日・高橋周平

 その後も、三ツ間、橋本、鈴木…

この記事は有料会員記事です。残り397文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り397文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り397文字有料会員になると続きをお読みいただけます。