[PR]

 トマトを題材に抽象と具象を織り交ぜて大胆に描く版画家堀幸代さん(67)の個展「太陽のとまとpartⅡ」展が、佐渡市相川米屋町の佐渡版画村美術館で開かれている。31日まで。

 5年ぶり3回目の個展には、県美術展入選作など28点が出品されている。実家の隣に住んでいた版画家の指導で木版画制作の世界に入り、身近にある食材を題材にしてトマトに行き着いたという。堀さんは「コロナ禍に負けず、手をつなごうというメッセージも込めました」と話している。

 同美術館は佐渡奉行所向かい。入館料は大人400円、小中学・高校生200円。(古西洋)

関連ニュース