[PR]

 河野太郎防衛相は11日、日本最東端の南鳥島(東京都小笠原村)にある海上自衛隊南鳥島航空派遣隊を視察し、隊員らを激励した。滑走路や隊舎、第2次世界大戦の戦没者慰霊碑などを視察した。防衛相の同島視察は、2014年の小野寺五典氏以来6年ぶり。

 同島には派遣隊12人が常駐し、滑走路の維持・管理や自衛隊機の給油にあたっている。派遣期間は隊長は1年、隊員は2、3カ月。国土交通省、気象庁の職員計十数人も駐在している。河野氏は視察後、報道陣の代表取材に対し「中国の艦艇・飛行機が太平洋に活発に進出しているなか、太平洋の防衛・安全保障を真剣に考えなければいけない」と答えた。

 また河野氏は、離島の自衛隊施設での再生可能エネルギー導入を環境省と連携して進める方針を示している。「これだけ離れた場所は燃料輸送も大変だ。地産地消できる再生可能エネルギーは、ここでも役立つのではないか」とも語った。