[PR]

 西武は12日、松坂大輔投手(39)が今月5日に茨城県内の病院で内視鏡による頸椎(けいつい)の手術を受けたと発表した。12日に退院し、復帰まで2~3カ月かかる見込み。今季中の復帰をめざすという。

 渡辺久信ゼネラルマネジャー(GM)によると、松坂は5月ごろから首の痛みと右手のしびれが強くなった。手術では痛みの原因となっていた部分を切除し、圧迫を軽減したという。渡辺GMは「大輔にはまず、しっかりリハビリをして調整してほしい。ファンの皆さんも待ち望んでいると思うし、今季メットライフドームに戻ってきてもらいたい」とコメントした。

 14年ぶりに古巣に復帰した松坂は、6月7日に1軍の練習試合で登板し、1イニングを無失点に抑えた。試合後、西口投手コーチは「ある程度の球数とイニングを投げられるように。このまま状態を上げてもらえばマウンドに立つ日も、そう遠くない」と話していた。開幕は2軍で迎え、ここまで1度も登板はなかった。