[PR]

 東北に接近した低気圧や梅雨前線の影響で12日未明、東海から関東の太平洋側で局地的に雨が強くなった。気象庁によると、静岡県伊豆市で1時間に70・5ミリの非常に激しい雨を記録。同県熱海市で48・0ミリ、神奈川県海老名市でも37・5ミリの激しい雨が降った。

 気象庁によると、前線は12日夜にかけて、九州以外では日本の南海上へ南下するという。ただ、予想では、13日には再び北上して東日本から西日本にかかるほか、別の低気圧が発生して日本海へ進む。このため、西日本では13日朝から局地的に雷を伴った激しい雨が予想されている。

 13日午前6時までの24時間に予想される降水量は多いところで、東北80ミリ、北陸70ミリ。14日午前6時までの48時間では多いところで、北陸と近畿で100~200ミリ、東海と四国で100~150ミリと見込まれている。

 西日本から東日本、東北ではこれまでの雨で地盤が緩んでいるところがあり、気象庁は引き続き、土砂災害に厳重な警戒を呼びかけている。(山岸玲)