[PR]

(12日、京都独自大会 龍谷大平安4-0京都工学院)

 京都の独自大会に木製バットで挑む龍谷大平安の4番奥村真大(3年)が12日、1回戦の京都工学院戦で豪快な本塁打を放った。2点リードの五回2死三塁で、木製バットを握って打席へ。低めの直球を振り抜くと、「手に(打った)感覚が残らなかった」。白球は左翼フェンスを悠々と越えていった。全国選手権大会の中止を受け、プロ挑戦を見据えて金属製バットよりも芯が狭くて打球が飛びにくい木製バットに切り替えた。金属に戻した方がいいという周囲の声もあったが、「チームに迷惑をかけず、自分のプレーで引っ張りたい」と奥村。有言実行の一発だった。=太陽が丘