[PR]

 日産自動車の前会長カルロス・ゴーン被告が中東メディアの取材に応じ、日本からの逃亡準備において「日本国外にいる人と連絡を取れる仕組みをつくった」などと話した。中東の衛星テレビ局アルアラビーヤが11日にインタビューを放映した。起訴された事件については「陰謀だった」などと従来通り罪を否定した。

 インタビューはサウジアラビア時間の11日午後10時(日本時間12日午前4時)すぎから約1時間にわたり放映された。水色のシャツに黒いスーツ姿でインタビューに応じたゴーン前会長は、1月に記者会見をしたときより髪が少し短くなり、顔は日焼けしているように見えた。

 インタビューはアラビア語で行われ、ゴーン前会長は身ぶり手ぶりを交えて話し、インタビューの冒頭に日本語で「おはようございます」と発言する場面もあった。

 ゴーン前会長は逃亡前の状況に…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら