【動画】北海道白老町にアイヌ文化復興の拠点「ウポポイ」がオープン
[PR]

 「イランカラプテ(こんにちは)」。アイヌ語のあいさつが来場者らを出迎えた。アイヌ文化の復興・創造拠点をめざす北海道白老町の「民族共生象徴空間」(愛称・ウポポイ)が12日、一般公開を始めた。アイヌ民族をテーマにした全国初の国立施設。

拡大する写真・図版「ウポポイ」オープニングセレモニーであいさつする宇梶剛士さん=2020年7月12日、北海道白老町、日吉健吾撮影

 入り口前には早朝から、約300人が列を作った。新型コロナウイルスの影響で、オープンが2度延期され、2カ月半ずれ込んだ。感染防止対策で入場者を制限し、初日は上限2千人に抑えられた。

拡大する写真・図版「ウポポイ」がオープンし、入場する人たち=2020年7月12日、北海道白老町、日吉健吾撮影

 セレモニーでは、政府を代表して刀禰(とね)俊哉・内閣官房アイヌ総合政策室長が「ウポポイはアイヌの方々の誇りが尊重される政策の扇の要として期待されている」と力を込めた。加藤忠・北海道アイヌ協会常務理事は「アイヌは寛容の精神を持っている。対話と交流を通じて、ウポポイができた」と述べた。

拡大する写真・図版「ウポポイ」がオープンし、伝統的コタン(集落)周辺を行き交う来場者たち=2020年7月12日、北海道白老町、日吉健吾撮影

宇梶さん「アイヌのお互いを認め合う心、世界に」

 鈴木直道・北海道知事は、「アイヌの歴史、文化に触れ、北海道を巡って魅力を楽しんでもらうきっかけになる」と観光面の役割に期待を込めた。PR役を務める俳優の宇梶剛士(たかし)さんは「豊かな歴史、受難や苦難の歴史を学び、やさしさやお互いを認め合う心が世界中に広まるといい」と話した。

拡大する写真・図版「ウポポイ」オープニングセレモニーであいさつするTEAM NACS・戸次重幸さん=2020年7月12日、北海道白老町、日吉健吾撮影

 ウポポイは、白老町のポロト湖畔の10ヘクタールに整備された。アイヌ民族博物館と民族共生公園、慰霊施設の三つの施設で構成されている。政府は、年間入場者100万人を掲げている。

拡大する写真・図版「ウポポイ」オープニングセレモニーであいさつするTEAM NACS・森崎博之さん=2020年7月12日、北海道白老町、日吉健吾撮影

 ただ、新型コロナ対策で、当面は事前予約制とし、入場者は1日の上限を2千人とする。博物館も1時間ごとに、100人ずつ入場させる対応をとった。それでも、一度に数人しか入れない伝統的コタン(集落)前には、大勢の行列ができた。(西川祥一)

拡大する写真・図版「ウポポイ」オープニングセレモニーであいさつするAKB48・坂口渚沙さん=2020年7月12日、北海道白老町、日吉健吾撮影

■初日は混乱、事前予約制が周知…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら