[PR]

 第41回ABCお笑いグランプリ(朝日放送テレビ主催)の決勝が12日、大阪市の同社スタジオで開かれ、コウテイ(吉本興業所属)が優勝。賞金100万円を獲得した。

 新型コロナウイルスで緊急事態宣言が出された後、初めて開かれた放送局主催のお笑いコンテストだった。予選には480組がエントリー。芸歴10年以内の若手芸人が漫才やコント、ピン芸の枠を超えて競い合い、選ばれた12組がこの日の決勝に臨んだ。さらに、最終決戦には漫才のオズワルドとコウテイ、コントのフタリシズカの3組が進んだ。

 最終決戦で、コウテイはコントを披露。大声を上げながら、ドタバタと服を脱いでお互いの正体を明かしていくネタを高いテンションで演じきった。優勝が決まると雄たけびをあげ、涙を流して喜んだ。

 コウテイは2013年、鹿児島…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

【1/25まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら