[PR]

 12日にほっともっと神戸で行われた巨人―ヤクルトで、珍しいプレーの末に巨人の好機がついえた。1点を追う六回1死一、三塁、巨人の炭谷は遊撃へゴロ。捕球したヤクルトの遊撃手・エスコバーは二塁手の山田哲に送球し、一塁走者のパーラを二塁で封殺した。この間に三塁走者が生還した。

 だがこの時、パーラは二塁のカバーに入った山田哲の足元にスライディングをしていた。高津監督のリクエストに基づき映像で確認した上で、審判団が併殺を阻止するための危険なスライディングだったと判断。パーラの守備妨害で打者走者の炭谷もアウトになり、得点が取り消されて攻守交代となった。