[PR]

 中国・貴州省安順市で7日、路線バスが道路脇の貯水池に転落し21人が死亡した事故について、地元警察は12日、バスの男性運転手(52)が、生活への不満などから故意にバスを転落させたと発表した。運転手も事故で死亡した。

 事故は7日正午過ぎ(日本時間午後1時過ぎ)に発生。警察によると、男性運転手は4年前に離婚して以降、たびたび周囲に生活への不満を口にしていた。最近、住んでいた公営住宅の取り壊しが決まり、事故当日の朝、行政サービス窓口に電話をかけて取り壊しへの不満を訴えていたという。

 事故の瞬間を映した監視カメラの映像には、ゆっくりと直進していたバスが突然加速し、反対車線を横切り、柵を突き破って池に転落する様子が映っていた。

 バスには大学入試の受験生らが乗っており、運転手を含む21人が死亡、15人がけがをした。(上海=宮嶋加菜子)