[PR]

 米サンディエゴの海軍基地で12日午前8時半(日本時間13日午前0時半)ごろ、寄港していた米強襲揚陸艦「ボノム・リシャール」から出火した。米海軍によると、火事で17人の乗組員と4人の民間人が負傷して手当てを受けているが、命に別条はないという。

 海軍によると、同艦は整備のために寄港。出火時には通常の6分の1程度の約160人の乗組員が艦内にいたという。同艦からは12日午後2時すぎの時点でも依然として大きな煙が出ており、軍や地元消防などが消火活動を続けている。

 「ボノム・リシャール」は2018年まで、沖縄駐留の海兵隊を運ぶ強襲揚陸艦として、米海軍佐世保基地(長崎県)に配備されていた。(サンフランシスコ=尾形聡彦)