[PR]

 兵庫県姫路市の集合住宅の一室で、この家に暮らす知人女性を刺殺したとして、県警は13日未明、住居不定のアルバイト、吉直(よしなお)優一容疑者(36)を殺人容疑で逮捕し、発表した。女性は先月、吉直容疑者に殴られたとして飾磨(しかま)署に相談。同署が傷害容疑で吉直容疑者の逮捕状を取っていたという。

 県警によると、吉直容疑者は12日午後1時半ごろ、姫路市白浜町宇佐崎北2丁目の集合住宅で、会社員の田口朱音(あかね)さん(24)の腹部を刃物で複数回刺し、殺害した疑いがある。

 田口さんは息子(6)と2人暮らし。息子が「お母さんが血まみれで、死にそうになっている」と近くの住民に助けを求め、住民が119番通報した。吉直容疑者は12日夕、京都府警上京署(京都市上京区)に出頭し、容疑を認めているという。

 田口さんは吉直容疑者について「口論になり、顔を殴られた」と6月9日に飾磨署に相談していた。目がはれるけがをしており、県警は傷害容疑で逮捕状を取ったが、同15日になって田口さんから被害申告を取り下げると申し出があり、捜査を保留していたという。県警は2人の間のトラブルについて、経緯を詳しく調べている。

 高山文明・飾磨署長は「被害者の意向に沿って必要な措置を講じたが、結果的に被害者の命が救えなかったことは大変残念だ」と話した。

 現場は山陽電鉄八家(やか)駅から北西に約500メートルの住宅地の一角。