拡大する写真・図版イラスト・加藤啓太郎

[PR]
6つのカタチ② 聖火リレー
史上初の延期となった東京オリンピック。IOCや大会組織委員会は、費用削減を念頭に「安全で簡素」な大会の姿を模索しています。コロナの時代、多くの人が価値を認めるスポーツの祭典とは? 譲れるもの、譲れないものは? 6つのキーワードを切り口に、取材を続ける記者たちが考えました。

 今となっては、空々しく感じてしまいます。

 「楽しんでいる人、こちらに手を振って~」「手拍子、よろしく!」「ハイッ、ハイッ!」。2月15日、聖火リレーのリハーサルが東京都羽村市でありました。先導車から大音量の音楽が流れ、DJが沿道の観覧者をあおり、ダンサーが踊る。「地域住民を巻き込み、開催直前の大会の興奮を創出する」と聖火リレーは位置づけられており、その演出を当時は理解できました。

拡大する写真・図版聖火リレーのリハーサル。ランナー通過前に関係者が沿道を盛り上げていた=2020年2月15日、林敏行撮影

 しかし来年の本番は、こうした華美な演出をそぐべきです。新型コロナウイルスによって、世界では58万人を超える人が亡くなり、暮らしが大きく変わりました。出発式などはやめ、沿道の観覧もランナーの家族や関係者など一部に制限する必要があると思います。

 ただ、現時点で中止までは求めたくありません。

 3月、ハンセン病回復者の聖火ランナー、平沢保治さん(93)を多磨全生園(東京都東村山市)に訪ねました。

【動画】コロナ対策などで簡素化されることになった東京五輪。どんなカタチに?

 国の強制隔離政策によって14…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら