[PR]

 九州を中心に大雨をもたらしている梅雨前線は引き続き西日本付近に停滞する見込みだ。気象庁によると、14日にかけて前線が西日本を通過して暖かく湿った空気が流れ込むと予測され、西日本では13日夜から14日にかけて再び大雨となるおそれがあるという。

 14日午前6時までに予想される24時間雨量は、多いところで九州北部200ミリ、中国150ミリ、関東甲信、東海、北陸、四国120ミリ、九州南部と近畿100ミリ。

 これまでの大雨で地盤が緩んだり、堤防が傷んだりしているところがあり、少しの雨でも災害が起きる恐れがあるとして、気象庁は厳重な警戒を呼びかけている。