拡大する写真・図版イラスト・加藤啓太郎

[PR]
6つのカタチ③ 参加国
史上初の延期となった東京オリンピック。IOCや大会組織委員会は、費用削減を念頭に「安全で簡素」な大会の姿を模索しています。コロナの時代、多くの人が価値を認めるスポーツの祭典とは? 譲れるもの、譲れないものは? 6つのキーワードを切り口に、取材を続ける記者たちが考えました。

 新潟で高校野球担当をしていた2007年夏、全国高校野球選手権新潟大会の開催中に中越沖地震(最大震度6強)が発生し、大会が中断しました。再開を見通せず「代表校を出せないかもしれない」と頭を抱える新潟県高校野球連盟に、日本高野連は「新潟代表が決まるまで待つ」と言ったそうです。大会は地震の1週間後に再開。新潟明訓の優勝が決まり、全都道府県の代表校がそろって甲子園大会は開催されました。

 来夏までに新型コロナウイルスの流行が収まらない国・地域の選手が参加を断念したら、五輪はどうなるのか――。考えていたら、駆け出し記者時代のそんな記憶がよみがえりました。

 今夏の開催を巡っては、延期決定前の3月22日、カナダオリンピック委員会が「選手を派遣しない」と表明しました。続いて豪州などが延期を支持。安倍晋三首相と国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長が延期で合意したのは同24日のことでした。

拡大する写真・図版さわやかな秋晴れの下で開かれた前回東京五輪の開会式=1964年10月10日

 五輪憲章は「NOC(各国・地域の国内オリンピック委員会)は五輪に選手を派遣し、参加する義務がある」と定めていますが、選手や関係者の健康を考えれば、来夏に向けても、今回のカナダのように不参加を表明するNOCが出てくる可能性は否定できません。

五輪のシンボルが意味するもの

 1896年に開催地ギリシャな…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら