[PR]

 今年上演された優れた新作戯曲に与えられる第24回鶴屋南北戯曲賞について、賞を主催する光文文化財団は13日、選考を中止すると発表した。新型コロナウイルスの感染拡大のため「3月以降の演劇公演が開催されていない」「今後も例年同様の表現形式による新作上演が限られてしまう可能性が高い」ことを理由に「賞の要件を公平に満たし難い」と判断したという。

 来年1月に発表を予定していた。光文社広報室によると、同賞の選考中止は初めて。