中川親方を降格、部屋閉鎖に 相撲協会、暴力や暴言認定

有料記事

[PR]

 日本相撲協会は13日、東京・国技館で臨時理事会を開き、弟子3人に対する暴力や暴言があったとして中川親方(54、元幕内旭里)=本名・増田憲治、大阪府出身=を「委員」から最も低い階級「年寄」へ2階級降格させる懲戒処分を発表した。併せて中川部屋を閉鎖し、所属する力士らを他の部屋が受け入れることも決めた。中川親方は同じ一門の時津風部屋の部屋付き親方となる。

 協会によると、中川親方は3月の春場所中、弟子の1人が荷物を転送する際に不手際があったとして背中を蹴り、顔面をたたいた。さらに同じ弟子が移動中に居眠りをしたため、腹を3回蹴り、胸を2回殴打した。昨年夏ごろには他の弟子を、今年2月10日ごろにはまた別の弟子を殴打。3人にいずれもけがはなかった。昨年1月ごろから今年3月ごろまでの間には、同じ3人の弟子に対し、日常的に「首にするぞ」「殺すぞ」などと暴言を繰り返したという。

 事実関係を調査したコンプライアンス委員会は、師匠の暴力は責任重大であり、部屋を運営させるべきではないと指摘。一方で暴力の際に道具は使用しておらず、弟子にけがはないことや、親方が深く反省し、弟子も厳罰を望んでいないことなどから、退職勧告や懲戒解雇は重すぎるとして、降格の懲戒処分が妥当との意見を八角理事長(元横綱北勝海)に答申した。

 この日の理事会後に開かれた…

この記事は有料記事です。残り259文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!