[PR]

 コロナ禍での自然災害に備えて滋賀県長浜市は13日、市立びわ中学校体育館(弓削町)で、避難所の開設訓練と運営研修会を初めて開いた。台風の大雨で近くの姉川が氾濫(はんらん)し、避難所を開設する想定。職員約60人が2回に分けて参加した。

 設営では「3密」(密閉・密集・密接)を避けるために間隔を取るためのテープを床に敷いたシートに貼ったり、感染拡大を防ぐために段ボールで間仕切りを設けたりした。

 受け付け業務では、飛沫(ひまつ)を防ぐフェースシールドをつけた職員が検温などで体調をチェック。熱がある人は保健師が別室に移動させるなどの手順を確認した。(松浦和夫)