[PR]

 14日午前6時ごろ、広島県東広島市河内町宇山で「斜面が崩れた」と、近所に住むとみられる女性の声で119番通報があった。県警によると、住宅に土砂が流入するなどし、この住宅に住む女性(84)と男性(55)と連絡が取れていないという。

 県警によると、土砂崩れが起きた現場周辺では、呼びかけに男性の声で反応があったが、その後聞こえなくなったという。住宅は木造2階建てとみられる。

 また、広島市西区田方1丁目の草津沼田道路上り線では13日午後9時半ごろ、道路の陥没箇所(深さ約5センチ、長さ約80センチ)で30代男性が運転していたバイクが転倒。男性は頭蓋骨(ずがいこつ)が折れるなどの重傷を負った。

 広島県北広島町戸谷では13日午後9時5分ごろ、農道の崩れた部分から軽乗用車が約12メートル下に転落。広島県警山県署によると、運転していた50代の男性が胸などを打って軽傷の見込み。大雨で道路の一部が崩れたとみられるという。(佐藤英法)