[PR]

 政府は14日の閣議で、稲田伸夫・検事総長(63)の辞職を承認し、後任に林真琴・東京高検検事長(62)を充てる人事を決定した。発令は17日。

 検察人事をめぐっては、政府が1月、2月に退官予定だった東京高検の黒川弘務・前検事長(63)の定年延長を閣議決定。国家公務員法の定年延長規定を適用した。稲田氏の後任にする布石だとの見方が広がり、野党などから「政権に近い黒川氏を検事総長にするためだ」と批判が上がった。

 林氏が総長に就く可能性は低くなっていたが、賭けマージャン問題で黒川氏が辞職。林氏が5月に後任として着任し、次期総長への昇格が有力視されていた。林氏は法務省の勤務が長く、刑事局長などを歴任している。

 政府はあわせて、林氏の後任の東京高検検事長には堺徹・最高検次長検事(61)を充て、次長検事には落合義和・最高検刑事部長(60)を充てる人事も決めた。いずれも17日付。