[PR]

 プロ野球楽天の高梨雄平投手(28)と、巨人の高田萌生(ほうせい)投手(22)のトレードが成立したことが14日、わかった。両球団の間では6月末にも、ウィーラーと池田駿のトレードが成立している。

 高梨は横手投げの変則左腕で、埼玉・川越東高から早大、JX―ENEOSを経て2016年秋のドラフト9位で入団。1年目から中継ぎとして1軍で登板し、18年には日本代表にも入った。今季は開幕から2軍での調整が続いていた。

 高田は16年秋のドラフト5位で岡山・創志学園高から入団。最速150キロ超の本格派右腕として期待され、18年に1軍で初登板。昨季は2試合に登板したが、今季はここまで1軍での登板はない。