拡大する写真・図版1970年12月12日、能勢町役場前で開かれた「能勢ナイキJ配備反対全関西集会」の様子=豊中市職労関係者提供

[PR]

 半世紀前、大阪府北部の山里・能勢町に航空自衛隊による地対空ミサイル「ナイキJ」を配備する基地建設計画が浮上した。住民懐柔を図る防衛庁(現・防衛省)に対し、町民や労働組合員が反対運動を繰り広げ、7年後に計画は撤回された。日本政府は6月15日、陸上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」の計画停止を表明。当時の関係者には二つの出来事が重なる。

 6月中旬、能勢町の深山(みやま)(標高790メートル)のふもとから眺めると、山頂付近に巨大なゴルフボールのような装置が見えた。旧建設省が1982年に稼働を始めた雨量観測所のレーダーだ。

 「一歩間違えば、あの辺りには敵国の攻撃を捉えるレーダー基地とミサイル発射台ができとった」

拡大する写真・図版旧建設省が1982年に稼働を開始した深山レーダ雨量観測所=大阪府能勢町天王

 案内してくれた元豊中市職員の…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら