[PR]

【朝日新聞ポッドキャスト】新型コロナとの戦い 世界の現場から@イギリス①

 新型コロナウイルスの感染者数と死者数が、ヨーロッパで突出して多いのがイギリス。特に死者数はアメリカ、ブラジルに次ぐ世界3位です。なぜ感染が広がってしまったのか、ロンドンを拠点に取材をする欧州総局の下司佳代子記者に聞きました。

ポッドキャストでは
突然の休校に日本が揺れていた3月、学校は閉鎖しないと言っていたイギリスのジョンソン首相。直後に判断をひっくり返した経緯を、下司佳代子記者がリポートします。

Q イギリスのコロナ対応を巡っては、初動の遅さが指摘されています。なぜ遅れたんでしょうか。

A 政府はよく「科学に基づいた対応だ」と強調します。確かに科学者たちの助言は厳しい措置に消極的だったようです。そこには「イギリスにロックダウンはなじまない」という思い込みがあったかもしれません。

 感染初期の専門家会議の資料を…

この記事は有料会員記事です。残り1967文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り1967文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り1967文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【締め切り迫る!】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら