[PR]

 厚生労働省は14日、6月に東京都、大阪府、宮城県で行った新型コロナウイルスへの感染歴を調べる抗体検査で陽性となった8人について、ウイルス感染を防ぐ「免疫」の獲得が確認されたと発表した。免疫獲得が明確に確認されたのは、国内では初めてという。今後、免疫の持続時間や、抗体検査の活用方法などを検討していくという。

 厚労省は6月に3都府県で約8千人を対象に抗体検査を実施。抗体の有無だけでなく、量まで測れる二つのメーカーの機器で陽性となった人を「陽性」とした。今回、両方で陽性となった8人の検体で、実際にウイルス感染を防ぐ機能を持つ「中和抗体」が確認されたという。

 一方、片方の機器だけで陽性となった人には偽陽性の人も含まれる可能性がある。片方だけ陽性の人や、ぎりぎり陰性になった人も含めて300人以上の検体を調べたが、中和抗体は確認されなかった。

 今後、獲得した免疫がどのくらい持続するのかを調べるため、医療機関などと協力して入院患者を退院後まで継続して調査する研究を行う予定という。

 今回の結果から、抗体保有率は東京が0・10%、大阪0・17%、宮城0・03%と6月の公表と変わらなかった。

 中和抗体については、中国・重慶医科大の研究チームが6月に米医学誌ネイチャー・メディシンに論文を発表している。論文によると、ウイルスに感染して症状があった37人と、症状がなかった37人について中和抗体があるかを調べたところ、最初は多くの人が抗体を獲得していた。だが2カ月後には症状の有無にかかわらず、9割以上の人で抗体の減少が見られたという。(姫野直行、戸田政考)