[PR]

 中部空港会社の犬塚力社長は14日、2021年3月期の業績見通しについて「営業黒字を確保するのは極めて難しい」と述べた。新型コロナウイルスの影響で利用者が激減しているためで、営業赤字となれば、開港直後の05年3月期以来16年ぶりとなる。

 朝日新聞のインタビューに答えた。中部空港は新型コロナの影響で国際線の便数が4、5月はゼロになるなど利用者が激減し、免税店などの物販も大きな打撃を受けている。同社の21年3月期の業績予想は「合理的に算定することが困難」として公表しておらず、具体的な数字についてはこの日も「公表できる段階にない」とした。

PCRセンター、中部空港にも

 犬塚社長は「資金調達はできて…

この記事は会員記事会員記事です。無料会員になると月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

この記事は会員記事会員記事です。

【8/7まで】シンプルコース(月額980円)が今ならキャンペーン中!詳しくはこちら