[PR]

 低気圧や梅雨前線の影響で西日本は14日午前、大雨となった。土砂崩れがあった広島県東広島市では、最大で24時間降水量160・0ミリを観測。九州や伊豆諸島では同日未明から昼前にかけ、1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨も降った。

 気象庁によると、西日本では14日午後に大雨のピークは過ぎたが、東日本の広い範囲では15日午後に上空に寒気が流れ込むため、局地的に激しい雨が降るという。特に低気圧が接近する北陸や東北では雨が続く見込み。

 これまでの記録的大雨で、地盤が緩んだり河川が増水したりしている地域があり、少しの雨でも災害が起きる恐れがあるという。(山岸玲)