[PR]

 川崎の顔が、復帰に向けて歩み出している。昨季、左ひざを大けがしたサッカーJ1川崎のMF中村憲剛が、7月上旬からチームの全体練習に部分的に合流している。今秋、不惑を迎える司令塔は「サッカーへの思いは、改めて高まった」ときっぱり。14日は各メディアのオンライン取材に応じ、サッカーやピッチへの思いを語った。

拡大する写真・図版復帰を目指す川崎の中村憲剛。7月上旬から全体練習に部分的に合流している(C)KAWASAKI FRONTALE

 その表情は明るかった。「これだけ(サッカーを)取り上げられた時間は正直なかった。いろんな思いや感謝の気持ちを復帰したときにだせればいいかなと思う」。7月に入って、チームメートとのボール回しに加わるなど、中村は試合に向けて徐々にコンディションを上げている。

拡大する写真・図版2019年11月2日のJ1広島戦で負傷し、ピッチに倒れ込む川崎・中村=伊藤進之介撮影

 昨年11月のJ1広島戦で負傷。左ひざを手術し、全治約7カ月の見込みと診断された。39歳。J12連覇に導くなどチームの象徴だが、選手生命を脅かすけがに復活は難しいのではとも思われた。ただ、中村は「フロンターレのユニホームを着て等々力のピッチでプレーを見せることが一番。待っているサポーターの声を聞く。僕自身も戻る期待をしている」。リハビリに努め、はいあがってきた。

拡大する写真・図版オンライン取材に応じる川崎の中村憲剛

 新型コロナウイルスの影響でチ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

【10/13まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら