[PR]

 山口県は14日、米軍岩国基地(岩国市)関係者の3人が、新型コロナウイルスに感染したと明らかにした。3人は羽田空港への入国後に受けたPCR検査の結果判明前に、民間機で岩国空港へ移動していた。

 この3人について、河野太郎防衛相は14日夜、記者団に対し、入国後はレンタカーで移動するとの「虚偽申告」をしたと指摘し、「極めてゆゆしき事態」と批判。米側に厳格な処分を求めたと述べた。

 山口県や河野氏によると、3人は米軍関係者とその家族で、40代の男女と10代未満の女児。12日に米国から羽田空港に到着。検疫所のPCR検査を受け、空港周辺にとどまるよう要請された。だが民間の宿泊施設に宿泊後の13日午前、検査結果の判明前に民間機で岩国空港へ移動。13日午後に3人とも陽性と判明したが、すでに岩国に着いていた。

 河野氏によると、3人が入国時に申告した連絡先に連絡がつかず、動向を調べた結果、一連の事態が発覚した。米側は厳格な処分をする方針という。河野氏は、民間機の乗客で3人との濃厚接触が疑われる人には、PCR検査を受けるよう求める考えも示した。

 一方、米軍岩国基地は14日、…

この記事は有料会員記事です。残り198文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り198文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り198文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【10/25まで】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら