河村市長、見えてる?名古屋愛あふれるフェースシールド

佐々木洋輔
[PR]

 新しい生活様式だがや!!――。名古屋市河村たかし市長が14日、そうプリントされたフェースシールドをかぶって記者会見に現れた。ほおの部分には名古屋のシンボル・金のシャチホコ、額の部分には名古屋市の市章「八」が描かれた名古屋市の特別仕様。「名古屋愛」にあふれるあまり、顔が一部隠れて見えるデザインとなっている。

 いつもは地元の染め物でつくった布マスク姿で登場する河村市長。フェースシールドはこの日初披露だった。名古屋市仕様のフェースシールドは、市が支援するものづくりスタートアップ会社がつくった。もともとは製造管理のシステムをつくる会社が、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、愛知県春日井市の紙メーカーと連携して作ったという。(佐々木洋輔)