[PR]

 『プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神』で著名なドイツの思想家、マックス・ウェーバー(1864~1920)。没後100年を迎えた今年、実像に迫る評伝の新書が2冊、刊行された。没後の読まれ方から浮かび上がるウェーバー、本人を含め同時代人の語りから解読されるウェーバー。対照的な手法でその横顔が描かれている。

拡大する写真・図版没後100年でマックス・ウェーバーの評伝が中公新書と岩波新書から刊行された

 ウェーバーは、西欧列強が最も勢いがあった19世紀後半に生まれた。なぜ近代資本主義が西洋で生まれたのか。宗教に注目してそのメカニズムを説明した、いわゆる『プロ倫』や、政治家に必要な資質を語った講演録『職業としての政治』などで知られる。

拡大する写真・図版マックス・ウェーバー(1864~1920)

 政治学者の野口雅弘・成蹊大教授による『マックス・ウェーバー』(中公新書)は、著作の読まれ方の多様さに着目した。とりわけ戦後日本では、ウェーバーは特別視されてきた。丸山真男ら戦後民主主義者が西洋近代を学ぶ「教科書」として読んできたからだという。

 野口さんは「聖典化」の弊害を…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら