休業者向け給付金、あなたは対象? バイトやシフト減も

有料記事新型コロナウイルス

滝沢卓、岡林佐和
写真・図版
[PR]

 新型コロナウイルスの影響で会社から休むよう求められたのに、休業手当を払ってもらえず、生活に困っている中小企業の働き手がいます。そうした人を支援するため、政府は新しい給付金を作り、今月10日から申請の受け付けを始めました。誰が対象になり、どう手続きすればいいのか。制度のポイントや注意点、課題をまとめました。

パートや学生バイトも申請可能

 新しい給付金の正式な名前は、「新型コロナウイルス感染症対応休業支援金・給付金」。受け取れるのは、一定の規模以下の中小企業で働く人のうち、今年4~9月に会社の指示で休業したのに、休業手当を払ってもらえない人だ。

 正社員だけでなく、契約社員やパートタイマー、学生アルバイト、技能実習生なども申請できる。勤務を週5日から3日に、1日8時間から3時間に減らされたような人も、その分の休業手当が出ていなければ対象になる。

 すでに離職していても、在職…

この記事は有料記事です。残り1433文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!
新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]