拡大する写真・図版シャボン玉石けんの本社工場=2020年7月2日、北九州市若松区

[PR]

 シャボン玉石けん(北九州市)が、2022年にも液体せっけんの工場を本社近くに新設し、生産能力を倍増させる。新型コロナウイルスの感染拡大で、ハンドソープの売り上げは前年同期の約5倍と急増しており、需要の拡大に対応する必要があると判断した。

 現在の製造ラインの生産量は月間最大約300トンだが、「老朽化しているうえ、手狭になってきたこともあり、コロナを機に計画を進めることにした」(森田隼人社長)としている。新工場は、同社が本社近くに所有している土地に建設する方針。建設費は約30億円を見込んでいる。

 主力のハンドソープの売り上げは3~6月で前年同期の約5倍に達している。今年はゴールデンウィークの休みを返上し、社員も早出と遅出に分けて工場の稼働を通常時の約1・5倍に増やすことで需要に対応した。

 ボディーソープも約1・6倍、…

この記事は会員記事会員記事です。無料会員になると月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

この記事は会員記事会員記事です。

980円で月300本まで2種類有料会員記事会員記事の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら