[PR]

 森の豊かな緑に、鳥のさえずりが響く映像で始まったプランCは、自然の美しさから着想を得た2021年春夏のレディースを発表。コートドレス風には、ピンクやオレンジの風にそよぐような花柄が施され、ショートパンツなどに鮮やかな青や緑を用いた。

 映像は、新型コロナによるロックダウン中にデザイナーが過ごしたスイスで撮影されたという。滞在中に自ら撮った写真をデジタルプリントした、マルチカラーのプリーツスカートなども。モデルが新作を着て撮影する場面とともに、雪解けしつつある山々や青い空などの景色が差し込まれている。人間がコントロールすることなどできないウイルス禍の中で、悠然な自然の営みへの敬意が伝わってくる。(神宮桃子)