【動画】バンクシーが地下鉄での新作動画公開
[PR]

 謎の路上芸術家、バンクシーが14日、ロンドンの地下鉄車内にマスク姿のネズミを描く様子の動画を、自身のインスタグラムで公表した。地下鉄内ではマスク着用が義務づけられており、英メディアは「マスク着用を促すねらい」(BBC)との見方を伝えている。

 約1分間の動画では、バンクシー本人とみられる人物がプロの掃除係に変装し、ロンドン中心部を走る地下鉄の車内でスプレー画を描いている。撮影日時は不明。描かれたのは、バンクシーの定番のネズミたちで、顔全体が隠れるような大きなマスクを着けたり、くしゃみをしたり、手指の消毒剤を壁に吹きかけたりしている。

 動画の最後には、英ロックバンド、チャンバワンバのヒット曲「タブサンピング」が流れる。「打ちのめされても また立ち上がる」という歌詞をもじって、駅の壁や電車内に書かれた「ロックダウン(都市封鎖)にあっても また立ち上がる」という文字が出てくる。

 BBCによると、ロンドン交通局は「落書きを許さない厳格な方針に基づいて数日前に(地下鉄の絵を)消した」「バンクシーには適切な場所でメッセージを届ける機会を提供したい」としている。

 英国のハンコック保健相は14日の英議会で、ロンドンを含むイングランド地方で、買い物中のマスク着用を24日から義務づけると発表した。違反した場合は最低50ポンド(約6700円)の罰金が科されるという。(ロンドン=下司佳代子)