[PR]

 8日未明の豪雨で170軒が浸水した岐阜県下呂市で、市内で氾濫(はんらん)した飛驒川だけでなく、山あいの用水路の水が土砂とともにあふれる被害が相次いだ。災害のリスクを住民に伝える「ハザードマップ」では想定していなかった地区の浸水も多く、市は対策の見直しを検討する。

 同市萩原町羽根では、普段は深さ20センチほどの水路の水が、山肌からの水を集めて8日未明に深さ1メートルを超え、あふれ出した。浸水被害は市内で最も多い32軒にのぼった。この地区に住む田中喜登(きのり)市議(58)は「水路の危険性は認識していたが、ここまでひどい浸水はなかった。死者が出なかったのが不幸中の幸い」と話す。

 萩原町宮田でも、水路があふれた。自営業の男性(52)は「飛驒川へと流れ込む用水路の水が、はけきらなかった」と言う。

 市は、百年に1度レベルの大雨…

この記事は会員記事会員記事です。無料会員になると月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

この記事は会員記事会員記事です。

980円で月300本まで2種類有料会員記事会員記事の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら