[PR]

 全国の公立学校の中高生のうち、昨年度、政府が目標とする英語力の水準に達した生徒は中学3年で44・0%(前年度比1・4ポイント増)、高校3年で43・6%(同3・4ポイント増)だった。文部科学省が「英語教育実施状況調査」の結果を15日に発表した。いずれも改善傾向だが、ICT(情報通信技術)を使った遠隔授業の推進など課題も残る。

 政府は、水準を中3で「英検3級相当以上」、高3で「英検準2級相当以上」とし、目標を「2022年度までに中3、高3ともに50%以上」としている。調査は13年度に始まり、今回で7回目。教育委員会を通じて公立の全小中高校に昨年12月時点の状況を尋ねた。

 中学は都道府県と政令指定都市ごと、高校は都道府県ごとの結果が公表された。都道府県では福井県が中3で61・4%、高3で58・4%といずれもトップ。最低は中3で愛知県の31・6%、高3で高知県の33・2%だった。ただし、調査結果は教師の判断に左右される。生徒が英検などの資格を持たない場合、教師が教委の目安などに基づき実力を判断するためだ。

 調査では英語担当教師の英語力も調査。「英検準1級相当以上」の英語力を示す資格を持つ教師は中学で38・1%(前年度比1・9ポイント増)、高校で72・0%(同3・8ポイント増)と、いずれも伸びていた。政府は目標を「22年度までに中学で50%以上、高校で75%以上」としている。

記事後半には各都道府県の結果一覧を掲載しています

 ICT活用については、教師の…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら